山田和樹[正指揮者]

1979年神奈川県生まれ。東京藝術大学指揮科で小林研一郎・松尾葉子の両氏に師事。
 第51回ブザンソン国際指揮者コンクール(2009年)で優勝後、モントルー=ヴェヴェイ音楽祭にてBBC交響楽団を指揮してヨーロッパ・デビュー。同年、ミシェル・プラッソンの代役でパリ管弦楽団を指揮、すぐに再演が決定する。2010年には、小澤征爾の指名代役としてスイス国際音楽アカデミーで、2012年8月には、サイトウ・キネン・フェスティバル松本で指揮。同8月にはサントリー芸術財団サマーフェスティバルでクセナキス作曲《オレステイア三部作》も指揮し、好評を博した。2014年7月にはスイス・ロマンド管弦楽団15年ぶりとなる来日公演を行う。2015年1月よりBunkamuraオーチャドホールにて、3年間全9回に渡る『山田和樹 マーラー・ツィクルス』を開始。また、同2月から3月にかけて、モンテカルロ・フィル、トゥールーズ・キャピトル国立管、パリ管弦楽団とオネゲル作曲オラトリオ《火刑台のジャンヌ・ダルク》を指揮、マリオン・コティヤールが主役を演じ、各地で絶賛された。
 日本国内主要オーケストラに客演、ヨーロッパでは、パリ管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン放送交響楽団、サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、バーミンガム市交響楽団、ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団、エーテボリ交響楽団、ローザンヌ室内管弦楽団、トーン・キュンストラー管弦楽団など各地の主要オーケストラでの客演を重ねている。2014/15シーズンにはヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団と初共演、ユタ交響楽団でアメリカデビューも果たした。また、バート・キッシンゲン音楽祭、モンペリエ音楽祭、マントン音楽祭、ブザンソン国際音楽祭、ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ音楽祭など、ヨーロッパの音楽祭への出演も多数。
 2010年横浜文化賞文化・芸術奨励賞、2011年、出光音楽賞受賞。2012年、渡邉曉雄音楽基金音楽賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞、文化庁芸術祭賞音楽部門新人賞受賞。
 現在、スイス・ロマンド管首席客演指揮者、モンテカルロ・フィル首席客演指揮者(2016年9月より芸術監督兼音楽監督)、日本フィル正指揮者、横浜シンフォニエッタ音楽監督、仙台フィルミュージック・パートナー、オーケストラ・アンサンブル金沢ミュージック・パートナー、東京混声合唱団音楽監督兼理事長。著書に『山田和樹とオーケストラのとびらをひらく』(アリス館)。音楽の友に『私的音楽論考』、共同通信社に『世界を翔るタクト』連載中。
 録音も積極的に行っており、ペンタトーン・クラシックスよりスイス・ロマンド管と「バレエ、劇場、舞踏のための音楽」シリーズとして3枚のアルバムをリリース。さらにオクタヴィア・レコードよりチェコ・フィル、日本フィル、横浜シンフォニエッタ、仙台フィル等とのCDをリリース、東京混声合唱団とのCDも多数。日本フィルとは、オクタヴィア・レコードより正指揮者就任披露演奏会のCDをはじめ、話題の「マーラー・ツィクルス」から第2番、第6番を、日本フィルより「えんそく」他のCDをリリースしている。
 ベルリン在住。