音楽の森プログラム > 音楽創造ワークショップの開発と推進


音楽を通した創造的な「学び」を

日本フィルは、音楽創造ワークショップを中心とした体験型のエデュケーション・プログラムを積極的に開発、推進しています。

今、世界で求められる多様性、創造性、協働力を育む学びの場として、ワークショップが注目されています。
日本フィルのメンバーとのワークショップでは、音楽の魅力をさまざまな角度から発見し、アートの楽しみ方を広げることができます。

日本フィルは、ワークショップの先進国である英国からマイケル・スペンサー氏(元ロンドン交響楽団ヴァイオリン奏者、元英国ロイヤル・オペラ・ハウス教育部長:写真上)を招き、音楽創造ワークショップを開発推進しています。
日本フィルのメンバーはスペンサー氏のワークショップ手法を積極的に学びながら、独自の「創造型プログラム」を開発し、参加者を支えるファシリテーターとして活躍しています。 

マイケル・スペンサー氏プロフィール

元ロンドン交響楽団ヴァイオリン奏者、元英国ロイヤル・オペラ・ハウス教育部長。
世界各地の芸術団体や企業らと芸術による教育・地域・人材育成プログラムの開発・実践を行い、高い評価を受ける。日本でも過去15年以上、日本フィルハーモニー交響楽団や国内プロオーケストラと教育プログラムを多数実施。2008年、教育ディレクターを務めた『ピーターと狼』がアカデミー賞(短編アニメ部門)受賞。上野学園大学音楽文化研究センター客員研究員。 


これまでに日本フィルで実施したワークショップの一例

・A Sound Environment 「わたしたちの音の風景」(ヴィヴァルディ「四季」を素材に)

・「春の祭典」ワークショップ&ワークショップ型オーケストラ・コンサート(ストラヴィンスキー「春の祭典」を素材に)

・日本フィル春休みオーケストラ探検「ピーターと狼」(プロコフィエフ「ピーターと狼」を素材に)

・わたしたちの一千「2夜」物語(リムスキー=コルサコフ「シェエラザード」を素材に)

・シンデレラ・プロジェクト(プロコフィエフ「シンデレラ」を素材に)

・子どもたちのためのオーケストラ入門(ストラヴィンスキー「ペトルーシュカ」を素材に 公益社団法人日本オーケストラ連盟企画参加)

・「展覧会の絵」(ムソルグスキー「展覧会の絵」)

・ジョン・ケージ「ミュージサーカス」(森美術館「フレンチ・ウィンドウ展共同プロジェクト 偶然性の音楽を素材に)

・黒鍵で音楽をつくろう(ラヴェル「マ・メール・ロワ」を素材に)

・わたしたちの音楽動物園(サン=サーンス「動物の謝肉祭」を素材に)

・1と3のリズムで音楽を作ろう(ラヴェル《ボレロ》を素材に)

・「宇宙、星、キラキラ」のイメージを音楽にしよう(ホルスト《惑星》を素材に)